Small StepsはHolesを遥かに超える面白さだった

洋書多読

Small Stepsはルイス・サッカー作で有名な「Holes」の続編として書かれた作品です。Holesでは目立たなかったArmpit(脇の下)という不名誉なニックネームの少年が主人公として登場します。その他にもひ弱なメガネだけど、何故かグループDを仕切っていたX-Rayも登場します。

Small Stepsの概要

著者総語数YLATOS個人的評価
Louis Sachar484416.44.24.9
※YL(読みやすさレベル)とはSSS英語多読研究会が、ATOSとは米国RENAISSANCEが定めたブックレベルのことです。

基本的に主人公であるArmpitは好青年です。隣の家に住む障害を持った女の子に対する優しさや、好きな女性に対する態度は一見ひ弱なイメージを与えますが、トラブル時には頼れるナイスガイです。

最初はHolesの続編ということで「前作を超えることはないんだろうな~」といった感じで期待もせず読み進めていたのですが、話が少し進んだあたりからず~っと面白い状態をキープしたままクライマックスまでいってしまいました。

この本は児童書に属すると思うのですが、僕は洋書を読んで初めて涙が出るほど感動し、腹が痛くなるほど笑いました。

個人的には今まで読んだ洋書の中でダントツに面白かった作品です。

X-Rayという憎めないキャラ

X-Rayというお調子者の友だちがいるのですが、こいつが真面目に働くArmpitに「チケット転売で簡単に儲かるぜ?やらない?お前の金で!」みたいな感じで話を持ちかけてきます。序盤はこのX-Rayとの細かいやり取りがひたすら鬱陶しく感じられます(笑)

映画「Holes」でのX-Ray

「必要なことは俺が全部する、お前は金を出すだけでいい」と言っておきながら結局は手伝わされることになります。その後も宣伝広告費が必要だったり次々と「聞いてねーよ!」ってことを後出しで聞かされます。

X-Rayのせいでトラブルに巻き込まれますが、同時にKairaとのかけがえのないチャンスも作ってくれます(突発的な事故ですがw)そんなX-Rayは物語が進むにつれ徐々に憎めないキャラクターとなっていきます。

彼がこの物語で一番輝いていると思ったところは、女刑事に取り調べを受けている場面でした。Armpitの不用意な発言から取り調べを受けることになったX-Rayを、マジックミラー越しに見つめるというシュールなシチュエーション。

取調室に入り、いきなり座ってるX-Rayを見て刑事に「あれがHabib?」と聞かれArmpitは笑いをこらえます。

ここまで読んだ人はご理解頂けると思いますが、X-Rayというキャラクターが、取調室に緊張した面持ちで座ってる場面を想像するだけで、可笑しくてたまらないのです(笑)

X-ray
X-ray

No harm, no foul. Right?

Armpit
Armpit

I’m going to kill you.

本文中に登場するイディオム

“Well, that’s the way it goes,” Ginny said when Armpit told her that Coo didn’t win.

Sachar, Louis. Small Steps (Holes Book 2) (p.86). Random House Children’s Books. Kindle 版.

that’s the way it goes : 世の中そういうもんだよ、仕方がないさ

Armpit had to hand it to Cherry Lane. She was one tough lady.

Sachar, Louis. Small Steps (Holes Book 2) (p.109). Random House Children’s Books. Kindle 版.

have to hand it to(someone) : あんたには恐れ入ったよ

「それ(敬意)を渡すしかない」という直訳で、こういう意味合いになるようです。

Armpit’s mother was caught off guard.

Sachar, Louis. Small Steps (Holes Book 2) (p.96). Random House Children’s Books. Kindle 版.

catch (someone) off guard :(誰かを)驚かせる、不意をつく

Ginny waved back, but her friend looked stunned, like a deer in headlights.

Sachar, Louis. Small Steps (Holes Book 2) (p.119). Random House Children’s Books. Kindle 版.

a deer in headlights : 立ちすくむ、身動きが取れなくなる

Here’s the thing, Armpit.

Sachar, Louis. Small Steps (Holes Book 2) (p.200). Random House Children’s Books. Kindle 版.

Here is the thing.:つまり、こういうことなんだよ

X-Rayが必死に言い訳する場面で何度か出ました(笑)

“You don’t have a clue. You say you want to just sing in places like this and pass around the hat. You wouldn’t know how to live like that. Here, buy a jacket. Only a thousand dollars. Charge it to your room. You wouldn’t have a clue.”

Sachar, Louis. Small Steps (Holes Book 2) (p.232). Random House Children’s Books. Kindle 版.

have a clue : ~を知っている、~を分かっている

Kairaと喫茶店でやりあったシーン。clue(手がかり)を持ってないことから「わからない」という意味。

The lump in his throat turned into tears.

Sachar, Louis. Small Steps (Holes Book 2) (p.255). Random House Children’s Books. Kindle 版.

The lump in one’s throat : ぐっと胸につかえるもの

ラジオから流れてくる歌を聞いてArmpitが涙を流すシーン。読んでてジーンとくる場面です。

購入前には立ち読みをオススメします

ご購入前には是非サンプルを読んでご自身の読書レベルに合っているかどうか確認することをオススメいたします。こうやって簡単に確認できるとは、良い時代になったものですね。

Audiobookを聞いてみよう

著者
Louis Sachar
ナレーター
Curtis McClarin
再生時間
5 時間 11 分
僕は日本語のAudiobookは聞くのが苦痛でしたが、Audible (オーディブル) で英語を聞いている時はなぜか苦痛ではありませんでした。勉強してるっていう気持ちになっているせいかもしれませんね。

コメント